健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

動脈硬化の予防

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防に大事なのはまず血中コレステロール値を下げることです。
そして、血管を広く保つ必要があります。
そうする為には、規則正しい生活習慣が必要不可欠です。
動脈硬化予防で特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まず、動物性脂肪の多い食品や甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)には血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維を摂ると余分なコレステロールを吸着し排泄してくれます。
なので、食物繊維の多い野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動は脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
タグ:動脈硬化
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化は、硬化が起こる場所によって起きる症状が異なる。
動脈硬化は体中のどの動脈でも起きる可能性があります。
特に動脈硬化が起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の代表的な初期症状は、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などです。
脳の動脈硬化が進行すると脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすいといわれています。
冠状動脈に動脈硬化が起こると、心臓の機能が低下します。
そして、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかにも、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈にはもともと弾力性がある。
しかし、動脈の壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これを動脈硬化といいます。

動脈硬化が起こると、血流が悪くなります。
すると、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険がある。

どうして、動脈硬化が起きるのかは、はっきりと解明はされていません。
しかし、遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられている。
動脈硬化は血管の老化現象とも言われ、40歳以上のほとんどの人に見られる。
中には10代の若者に初期の動脈硬化が見られるケースもある。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防


動脈硬化の予防には血中コレステロール値を下げることが大事です。
同時に、血管を広く保つ必要があります。
そうする為には、規則正しい生活習慣が不可欠です。
特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まず始めに、動物性脂肪の多い食品、甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸には血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維には余分なコレステロールを吸着し排泄する働きがあります。
なので、野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動は脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化は、硬化が起こる場所によって症状が異なる。
動脈硬化は体中のどの動脈でも起こる可能性があります。
特に動脈硬化が起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の場合の初期症状は、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などが出ます。
進行すると脳の動脈硬化は脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすい部位です。
冠状動脈に動脈硬化が起こると、心臓の機能が低下します。
そして進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかの部位だと、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈には本来、弾力性がある。
しかし、動脈壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これを動脈硬化といいます。

動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなります。
すると、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険がある。

どうして、動脈硬化が起きるのかは、はっきりと解明はされていません。
しかし、動脈硬化の原因は遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられています。
動脈硬化は血管の老化現象とも言われ、40歳以上のほとんどの人に見られる。
中には若者にも初期の動脈硬化が見られるケースがあります。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防


動脈硬化の予防に大事なのはまず血中コレステロール値を下げることです。
そして、血管を広く保つ必要があります。
そうする為には、規則正しい生活習慣が必要不可欠です。
動脈硬化の予防で特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まず、動物性脂肪の多い食品や甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸には血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維には余分なコレステロールを吸着し排泄する働きがあります。
なので、野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動には脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化は、硬化が起こる場所によって起きる症状が異なる。
動脈硬化は体中のどの動脈でも起きる可能性があります。
特に起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の場合の初期症状は、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などが出ます。
進行すると脳動脈硬化は脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすい部位です。
冠状動脈に動脈硬化が起きると、心臓の機能が低下します。
そして進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかの部位だと、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈には本来、弾力性があります。
しかし、動脈の壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これを動脈硬化といいます。

動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなります。
すると、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険がある。

なぜ、動脈硬化が起こるのかはっきりと解明されていない。
しかし、遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられている。
血管の老化現象とも言われ、40歳以上のほとんどの人に見られる。
中には若者にも初期の動脈硬化が見られるケースがあります。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防


動脈硬化の予防に大事なのはまず血中コレステロール値を下げることです。
そして、血管を広く保つことが大事です。
そうする為には、規則正しい生活習慣が必要不可欠です。
動脈硬化予防で特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まず始めに、動物性脂肪の多い食品、甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質が多い食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)には血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維には余分なコレステロールを吸着し排泄する働きがあります。
なので、野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動には脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化は、硬化が起こる場所によって症状が異なります。
動脈硬化は体の中のどの動脈でも起こる可能性があります。
特に動脈硬化が起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の代表的な初期症状は、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などです。
脳の動脈硬化が進行すると脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすいといわれています。
冠状動脈に動脈硬化が起きると、心臓の機能が低下します。
そして進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかにも、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈にはもともと弾力性がある。
ところが、動脈の壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これが動脈硬化です。

動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなります。
すると、脳や心臓など、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険があります。

なぜ、動脈硬化が起こるのかはっきりと解明されていない。
しかし、遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられている。
動脈硬化は血管の老化現象とも言われ、40歳以上のほとんどの人に見られる。
中には若者にも初期の動脈硬化が見られるケースがあります。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防


動脈硬化の予防に大事なのはまず血中コレステロール値を下げることです。
そして、血管を広く保つことが大事です。
そのためには、規則正しい生活習慣が不可欠です。
動脈硬化の予防で特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まずはじめに、動物性脂肪の多い食品や甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質が多い食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)には血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維には余分なコレステロールを吸着し排泄する働きがあります。
なので、野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動には脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化は、硬化が起こる動脈によって症状が異なる。
動脈硬化は体の中のどの動脈でも起きる可能性があります。
特に動脈硬化が起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の場合の初期症状は、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などが出ます。
進行すると脳動脈硬化は脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすい部位です。
冠状動脈に動脈硬化が起こると、心臓の機能が低下します。
そして進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかの部位だと、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈にはもともと弾力性があります。
しかし、動脈の壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これが動脈硬化です。

動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなります。
すると、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険がある。

なぜ、動脈硬化が起こるのかはっきりと解明されていない。
しかし、動脈硬化の原因は遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられています。
血管の老化現象とも言われ、40歳以上のほとんどの人に見られる。
中には若者にも初期の動脈硬化が見られるケースがあります。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防


動脈硬化の予防には血中コレステロール値を下げることが何より大事です。
そして、血管を広く保つことが大事です。
そのためには、規則正しい生活習慣が必要不可欠です。
特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まず、動物性脂肪の多い食品、甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるEPAやDHAには血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維を摂ると余分なコレステロールを吸着し排泄してくれます。
なので、食物繊維の多い野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動は脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化は、硬化が起こる場所によって症状が異なる。
動脈硬化は体中のどの動脈でも起こる可能性があります。
特に起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の代表的な初期症状は、立ちくらみ、耳鳴り、興奮などです。
進行すると脳の動脈硬化は脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすい部位です。
冠状動脈に動脈硬化が起きると、心臓の機能が低下します。
そして進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかにも、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈にはもともと弾力性がある。
しかし、動脈壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これが動脈硬化です。

動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなります。
すると、脳や心臓など、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険があります。

なぜ、動脈硬化が起こるのかはっきりと解明されていない。
しかし、動脈硬化の原因は遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられています。
動脈硬化は血管の老化現象とも言われ、40歳以上の人にはほとんど見られます。
中には若者にも初期の動脈硬化が見られるケースがあります。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

動脈硬化の予防


動脈硬化の予防


動脈硬化の予防に大事なのはまず血中コレステロール値を下げることです。
そして、血管を広く保つ必要があります。
そうする為には、規則正しい生活習慣が不可欠です。
特に注意しなければいけないのが、食事と運動です。
まず、動物性脂肪の多い食品、甘いもの、アルコールを控えましょう。
そして、植物性たんぱく質を多く含む食品を中心にした食生活を心がけましょう。
サバやいわしなどに含まれるEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)には血液が固まるのを抑える働きがあるのでお勧めです。
食物繊維には余分なコレステロールを吸着し排泄する働きがあります。
なので、食物繊維の多い野菜やイモ、海藻、キノコなどを積極的に採りましょう。
適度な運動は脂肪を燃焼しコレステロールを減らす効果があります。
無理をしない程度に毎日続けることが有効です。
posted by hikari at 14:11 | 動脈硬化の予防

動脈硬化の症状


動脈硬化の症状


動脈硬化という病気は、硬化が起こる場所によって症状が異なる。
動脈硬化は体中のどの動脈でも起きる可能性があります。
特に動脈硬化が起こりやすいのは、脳動脈、頚動脈、冠状動脈、腎動脈などです。
脳動脈硬化の場合は、始めに立ちくらみ、耳鳴り、興奮などの初期症状が出ます。
脳の動脈硬化が進行すると脳梗塞や脳出血などを引き起こします。
また冠状動脈も動脈硬化が起こりやすい部位です。
冠状動脈に動脈硬化が起こると、心臓の機能が低下します。
そして進行すると、狭心症、心筋梗塞、心不全といった心臓発作を突然引き起こす危険があります。

このほかの部位だと、大腿動脈硬化では下肢に血液が通わなくなり壊疽を起こすこともあります。
腎動脈硬化では高血圧や腎機能障害を起こす危険があります。
posted by hikari at 13:15 | 動脈硬化の症状

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。