健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

動脈硬化のメカニズム


動脈硬化のメカニズム


動脈にはもともと弾力性がある。
しかし、動脈壁に脂肪や石灰質が付着することにで、動脈壁が厚くなったり硬くなったりする。
これが動脈硬化です。

動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなります。
すると、脳や心臓など、様々な臓器の働きが鈍くなり、重大な病気を招く危険があります。

なぜ、動脈硬化が起こるのかはっきりと解明されていない。
しかし、動脈硬化の原因は遺伝的な体質、高血圧症や血中コレステロールの増加による高脂結晶、喫煙、糖尿病、ストレス、運動不足などが深くかかわっていると考えられています。
動脈硬化は血管の老化現象とも言われ、40歳以上の人にはほとんど見られます。
中には若者にも初期の動脈硬化が見られるケースがあります。
posted by hikari at 11:39 | 動脈硬化のメカニズム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。